複数ある融資の方法の特徴を把握して上手に銀行と付き合う

特長を比較する

貯金箱とコイン

カードローンは消費者金融や信販会社などが提供するものと、銀行が提供するものと大きく2つに分かれます。カードローン自体の特長は両者違いはほとんどありません。しかし、細かく内容を見てみると、サービスの内容に違いが出てきます。銀行カードローンは、消費者金融のカードローンよりも金利が低いという特徴があります。下限の金利と上限の金利の幅が狭く、下限と上限の両方で消費者金融よりも低い水準に設定されています。金利が低いとその分返済の際に必要な利息が少なくて済みます。借入れをする時点では返済の計画を考えることができたとしても、将来何が起きるかは誰にもわかりません。不測の事態もしっかりと考えて、余裕を持った返済計画をたてることは大切です。消費者金融と銀行のカードローンの違いは、その借入れ限度額からも見て取れます。消費者金融のカードローンの上限額は最大500万円程度に設定されています。銀行カードローンは審査がしっかりとしていることから、大口融資にも対応しており、800万円や1000万円まで借入れ限度額を設定できる銀行カードローンもあります。大口の借入れができることは、その使い道の幅を広げることに繋がります。銀行カードローンは、自分の可能性をより広げるものであるとも言えるでしょう。

カードローンを利用する人の目的はさまざまです。銀行は、それぞれの目的を叶えるサポートをしています。銀行カードローンなどを活用するなど、金融機関と上手に付き合うことで、自身の可能性をより広げることができると考えられます。